お役立ちコラム

エコリフォーム・住宅のエコって?

エコリフォームは、今お住まいのお家の断熱改修をおこない、建物の断熱性能を高めることで、Co2削減の効果をもたらす、『地球に優しい・人に優しい』リフォームのことです。

急速に進む地球の温暖化の原因のひとつに、人間の生活環境から排出される大量のCO2が影響を与えていると言われています。そして、地球を守るために、様々な業種の企業がCO2削減を目標に研究や努力をされています。

そして今、私たち個人の住宅にも、CO2削減を目的としたエコ住宅への提案が始まっています。

住宅のエコって何をしたらよいの?

例えば、古い電化製品から新しい電化製品への取替えは、すぐさま電気代の節約につながるため私達がCO2削減の効果を実感しやすいですよね。このように設備の取替えはエコ住宅設備改修にあたります。

では、建物そのものはどうでしょう?

建物は屋根や壁、床、窓などが一体となって構成されていて、多くの要素が複雑に絡みあって出来ています。ですから、ひと口に建物のエコ改修といっても何をしてよいか分からず、大きな改修工事やそれに伴う出費をイメージするのではないでしょうか。

一般的に建物の断熱改修は電気代のように目に見える効果が分かりづらいのが事実です。また、建物も住まい方も人それぞれで、住まいの悩みや断熱改修の内容も違いますから、簡単に決められることではありません。

そのような中、お手軽な住宅エコ改修として、既存の窓に内窓を設置したり、2重ガラスに交換することで、建物の断熱性能を高める方法があります。適切な窓の断熱改修をおこなうことにより、冬の寒さや夏の暑さを軽減する効果が期待できます。その結果、光熱費の節約につながり、また、部屋の温度差の改善にもつながり、健康で快適なエコ住宅につながります。


今、国が推進しているエコ住宅ですが、平成28年11月1日に、国交省が住宅ストック循環支援事業補助金制度が始まりました。現在お住まいの住宅をエコリフォームされる方に使える補助金制度です。

<参考>
国土交通省:住宅ストック型循環支援事業

詳しくは、京ゆとりハウジング『キッチンスタジオ・ゆとり』までお気軽にお問い合わせください!

これを機会に、是非、住まいのエコについて考えてみませんか?